東海地震

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

大地震が発生するとこんな状況になる!

2015.04.26
大地震が発生するとこんな状況になる!

2007.07.16 新潟中越沖地震の緊急地震速報を東京で受信した様子。
youtube投稿者: yas55様より


報道記事から当時の状況(この記事は新潟県中越沖地震について確認しています)を知り、今後起こりうる東海地震の被害を、最小限にするための対策につなげていきましょう。

平成19年7月17日~24日の新聞記事概要です。自宅秘蔵の新聞ストックから探し出しました

「新潟・長野で震度6強」という見出しで翌日報道された。
平成19年7月16日午前10時13分頃、新潟県上中越沖(新潟市の南西約60km)を震源とする強い地震がありました。という記事が最初でした。

■ 時間経過順で状況箇条書き ■

・新潟県などで、住宅780棟が損壊
・高齢者が10人死亡し、けが人は1,800人を超える
・震源の深さは約17km
・地震の規模はマグニチュード6.8
・プレート(岩板)の浅いところで断層がずれて起きた地震

・アパートや店舗が倒壊し下敷きになったが、助け出された
・普通電車や貨物列車が脱線したが、けが人はいなかった
・新幹線は運行を取りやめ順次再開していった
・北陸自動車道の20数箇所で亀裂が見つかり、国道では土砂崩れや陥没が相次いだ
・16日時点では、新潟県内で約35,000戸、長野県内で約21,000戸の停電を把握
・柏崎市でガスと水道の供給が停止され、両県で約60,000戸が断水となった
・敷設されていた地中パイプラインが壊れ、原油が流出した
・今回検知した揺れが、原発の安全性が保たれる耐震設計基準を大幅に上回り、原子炉が緊急停止し、微量の放射性物質を含む水が漏れ、海に放出された
・地震発生地の震度6強という情報が、震度計の回線障害が原因で気象庁や県に繋がらなかった
・新潟や長野両県内にある携帯電話各社の多くの基地局で、電波の送受信が停電のため停止し、通信規制も加わり通話やメールができない状態となった。(夜になって復旧に向かった)
・固定電話は一時、最大87%規制したが、午後には通常利用可能となった

・7月17日、地震発生1日経過後においても電気とガスの完全復旧のめどがたたない状況である
・病院では、地震によるケガで運ばれる人があふれ、医師や看護婦が処置に追われた
・地震の影響で手術室の機材が破損したため手術ができず、他の病院へ搬送した
・電気が復旧するまではエックス線検査等の一部の処置もできない状態となった
・避難所では、大勢の中でストレスがたまるという人たちが、駐車場でテントを設置し過ごした
・低地である柏崎市では、液状化現象が発生した
・地震発生から一夜明けると、復興支援のためのボランティアが全国より現地入りした
・17日に受け入れた80人のボランティアは、被災者のニーズ聞き取りに従事した
・食糧支援については、避難所の人数から必要数を計算し、善意を無駄にすることの無いよう心がけた

・18日になると避難所の住民は減少したが、柏崎市を中心にまだ焼く9,000人が避難所生活をし ている
・地震発生から3日目の7月18日でも、水道の本格的復旧はめどが立たず、柏崎市のほぼ全域で断水状態が続いている状況。トイレに行くのを我慢している。水の配給を受けるのに2km自転車で走る
・とにかく水がないと地域経済を再スタートさせるきっかけすらつかめない状態がいまだに続く
・地震で柏崎市の自動車部品メーカーが被災し、部品供給が途絶え、自動車製造工場の操業停止により各自動車製造メーカーの打撃となった

・新潟県は、23日に中越沖地震による県内の被害見込み額は、約1兆5千億円に上ると発表した

・24日現在でも、ライフラインは柏崎市の約20,000戸で断水が続いており、復旧率は約50%である。またガスは柏崎市と刈羽村の約30,000戸で供給停止が続いている

・中越沖地震で被害が大きかった被災地で実施された「家屋の応急危険度判定」の結果、全体の41%に上る13,699棟が「危険」「要注意」と診断された(「危険」15%で4,907棟・「要注意」26%で8,792棟)

阪神淡路大震災。死者の約8割は圧死でした。
地震対策万全ですか?
安心安全の専 門店 TSSP.jp!!

■2008.6.14以降の情報■

岩手・宮城内陸地震  平成20年6月14日8時43分頃に岩手県内陸南部で発生した地震は、震源の深さが約8kmで、マグニチュード7.2で最大震度6強でした。地震の揺れの強い地域は、土砂災害および道路、家屋の倒壊等の被害が発生。

 15日朝の情報によると、14日政府は地震発生7分後に対策室を設置し、3時間後には政府調査団31人が現地に出動し初動対応をはじめたとのことであるが、14日夜になっても被害の全容把握が進まず、行方不明者の捜索が続いているとのこと。福田首相は 「自衛隊や警察などすべての機能を動員する。人命救助が一番大事だ」と全力をつくしている最中。

以降の情報は「気象庁のホームページ」で確認願います

トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許 可する

トラックバック

トラックバックURL:
最新記事

地震速報 

東海大地震の攻略情報「新着記事」
全ての記事を表示する

全ての記事


情報リンク

本サイトはリンク先等機関と特別な連携等しているわけではないのでご承知おき下さい

フォルダ地震情報 ~ Yahoo!天気情報
フォルダ地震情報 ~MSN天気 情報
フォルダ東京大学地震研究所
フォルダ地震予知連絡会
フォルダ独立行政法人防災科学技術研究 所
フォルダ名古屋大学大学院環境学研究科附 属 地震火山・防災研究センター
フォルダ地震調査研究推進本部事 務局
フォルダ危機管理情報総合サイト
フォルダ気象庁地震情報(各地の震度に関 する情報)
フォルダ国土交通省ホームページ
フォルダ【災害関連情報】
フォルダ【災害対策関係法律】内閣府
フォルダ【地震・警戒宣言・強化 地域】
フォルダ【震 度階級関連解説表】気象庁
フォルダ国土地理院 東海地方の地殻変動
フォルダ日本地震情報研究会
フォルダ名古屋大学大学院 環境学研究科 附属 地震火山・防災研究センター
フォルダ 「東海地震に関連する情報」Q&A  by気象庁ホームページ
フォルダ誰 でもできる我が家の耐震診断 国土交通省・財団法人日本建築防災協会
フォルダ建築物の耐震 改修促進に関する法律
フォルダ防災情報のページ  内閣府
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。