東海地震

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
記事URL | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | 【--:--】

災害発生前の攻略【屋内も危険がいっぱい】

2015.04.26
:防災
【屋内も危険がいっぱい】

 背の高い家具を固定しておきましょう。壁にねじ止めする固定器具や、つっぱり棒タイプのものが市場に出回ってます。しかし、壁にネジで止める固定する方法は、壁をたたき音の変化により、壁の中にねじを固定できる板等が入っているかどうか判断することになり、意外と難しい事なので、設置時は注意しながらがんばりましょう。
 つっぱり棒タイプの固定器具も、天井の強度が問題になります。つっぱり棒を設置した時に天井が壊れてしまっては情けないものがありますよね。これも注意しながらおこないましょう。
 大地震が起こった時には、色々な物が家の中を飛び交います。
テレビも数メートルも飛ぶことがあるそうです。寝る場所は、それらの物との位置関係を考えましょう。
 ガラスは割れます。危ないです。怪我します。ガラスの破片は避難する時の妨げになります。おなじみのガラス飛散防止フィルムを貼るのが効果的ですね。カーテンとの併用で、屋内へのガラス飛散の被害が少なくなるでしょう。ここでひとつ、スリッパ等を備えておくことがポイントです。ガラスの破片等でケガをするのを防いでくれます。


事前にやっておきたい安全対策
(家に関して今からできる対策)


①窓ガラスに「ガラス飛散防止フィルム」を貼る
②ブロック塀の「安定した基礎」「鉄筋入れ」を確認し補強する(生垣やネットフェンスならOK)
③屋根の「瓦」「テレビアンテナ」を補強する
④プロパンガスの場合、転倒防止クサリで補強する
⑤自家用車は家の中から外への避難経路を塞がないように駐車する
⑥家の中の避難経路に物を置かない(通路へ置いている物を比較的使わない部屋へ移動)
⑦家具の転倒防止(市販の固定器具を利用)(特に子供部屋や、老人の部屋には家具を置かない)
⑧玄関や玄関までの通路に避難の邪魔になる物を置かない

トップページ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許 可する

トラックバック

トラックバックURL:
最新記事

地震速報 

東海大地震の攻略情報「新着記事」
全ての記事を表示する

全ての記事


情報リンク

本サイトはリンク先等機関と特別な連携等しているわけではないのでご承知おき下さい

フォルダ地震情報 ~ Yahoo!天気情報
フォルダ地震情報 ~MSN天気 情報
フォルダ東京大学地震研究所
フォルダ地震予知連絡会
フォルダ独立行政法人防災科学技術研究 所
フォルダ名古屋大学大学院環境学研究科附 属 地震火山・防災研究センター
フォルダ地震調査研究推進本部事 務局
フォルダ危機管理情報総合サイト
フォルダ気象庁地震情報(各地の震度に関 する情報)
フォルダ国土交通省ホームページ
フォルダ【災害関連情報】
フォルダ【災害対策関係法律】内閣府
フォルダ【地震・警戒宣言・強化 地域】
フォルダ【震 度階級関連解説表】気象庁
フォルダ国土地理院 東海地方の地殻変動
フォルダ日本地震情報研究会
フォルダ名古屋大学大学院 環境学研究科 附属 地震火山・防災研究センター
フォルダ 「東海地震に関連する情報」Q&A  by気象庁ホームページ
フォルダ誰 でもできる我が家の耐震診断 国土交通省・財団法人日本建築防災協会
フォルダ建築物の耐震 改修促進に関する法律
フォルダ防災情報のページ  内閣府
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。